社会科の科目選択(公民編)

ぴよ太郎
公民は私の得意科目だ。本番のセンターリサーチで偏差値80全国100番だったんだよ

霊夢
い、いや、それってすごく不自然じゃ…なんか嫌な予感がする

『概要+地歴編』でも書きましたが、まず自分の志望校で公民が選択できるかを確認して下さい。特に医学部旧帝大は注意して下さい。

地歴Bと『倫理、政治・経済』は4単位科目なので、大丈夫なことが多いです。しかし、2単位科目の『現代社会、倫理、政治経済』は、特に医学部の場合は半分強の大学で選択不可となっています。

この辺りの話は前回の『社会科の選択(概要+地歴編)』に書きましたので参考にして下さい。

公民

概要

私の受験した時と今は違っています。少し前はこうでした

  • 地歴から1科目、公民から1科目(どちらかだけでもよい)
  • 「倫理・政経」はなかった

現在は、地歴・公民全体から2科目まで、駄目な組み合わせは同一地歴のAとB、「倫理・政経」と倫理 or 政経です。これらは問題が被っているからです。

2単位の『現社、倫理、政経』が受験可能な場合、考慮してみるのも一つの手です。なぜなら、元々2単位科目(高校の半期で終了)なので、勉強量が少なくて済むからです。私の体感では地理の半分です。そしておそらく歴史の1/4以下。

それだけではありません。早く繰り返せるので記憶の定着率は倍以上が見込めます。

平均点の推移

まず、もう一度過去13年(2018年まで)の地歴の平均点の推移を見てみましょう。

そして公民がこれです。

地歴と比べて上下動が激しいですね。しかも『倫理・政経』が出てきてから傾向が変わっているのに注意です。

 

2018年度実施の、受験者数、平均点、(最高点、最低点)、標準偏差は、こういう感じです

標準偏差は点のバラツキを表しますが、地理が16.33、日本史が18.22、世界史が22.17です。あまり気にしなくていいです。要するに、世界史に高得点者が多いというのを表しているだけです。彼らは二次でも受験する文系上位層なので、かけている労力が全然違います。

科目

現代社会

平均点は社会科の中で最低クラスです。しかし、恐れることはありません。2科目受ける権利があるので、「取り敢えずサブとして受けとこー」という層が入っているからです。逆に、最低でない年があることの方が驚きです。

受験人数ですが、10年前と比べて17→8万と極端に減っています。おそらくですが、医学部、旧帝大受験者がごっそり抜けたためだと思われます。逆に言うとこれらの層が抜けたにもかかわらず平均点があまり下がっていません。

志望校が現社に対応しているなら、今でも狙い目だと思います。

私が前年の地理、政治経済から移ったのがこの現代社会です。第一回マーク模試の後に変更しましたが、第二回マーク模試の時に94点。それが模試の最低点でした。

私は古文、現代社会は、行き帰りの電車の中で勉強しました。行きが20分、帰りは各駅停車に乗って30分。いかに早く仕上がるかが分かると思います。医学部、旧帝大が禁止にするのもうなずけます。世界史、日本史受験者との差があまりに大きいからです。

Column 1:私が早く仕上がったのには理由があるので注意です。一つは前年に政治経済をやっていたからです。現代社会は政治経済分野が6割程度占めているのですが、政治経済の簡単な部分からでます。
さらに、現代社会は少し前社会常識がもう試験に出ます。90年代は大学図書館で新聞を読んでいましたので、常識として知っていることが沢山ありました。
Column 2:(たとえ偶然でも)上手く行った人は、自分のやったことを省略して話すことがあるので注意が必要です。本当に忘れているのか、自分を大きく見せるためなのか。ですから丸々信じるのは危険です。誰々が3か月で仕上げたと聞いて自分もできる、と思うと失敗します。むしろ失敗した人の話の方に有益な情報があることもあります。

私の言うことも丸々信用してはいけませんよ。気を付けてはいますが、一度できるようになるとできなかった頃の感覚を忘れてしまいがちなのです。

政治経済

受験者数は10年前と比べて8→5.7万とそれほど減っていません。しかし、狭くて深い科目は一般に難しいです。6割くらいは簡単なのですよ。設問は同じではありませんが、現社と被っている範囲は難しくありません。政経独自の+α の部分が難しいのです。

現社よりも意識高い層が受験していると思いますが、平均点はほぼ同じ。難しさの一端を表していると思います。

ただし、政経はつぶしが効きます。現社に変えることもできますし、『倫理・政経』まで伸ばすことも考えられます。選択肢としてなくはないなとも思います。しかし、あのぴよ太郎氏でさえ75点でしたからね…

魔理沙
それ飽きた。別のネタやれ(グサッ)

倫理

受験者数は昔から一番少ないです。10年前5万→2万です。『倫理・政経』が出るまではかなりの高平均点を誇っていた科目です。浪人生の模試の平均はいつも8割ありました。にも関わらず少なかったというのは、とっつきにくい分野なのでしょう。

『倫理・政治経済』が出てきた後、平均点の下落が激しいですね。3年間も最低平均点です。

しかし平成30年の平均点は上昇しています。これは難問が出尽くしたのと、受験生や対策本が出題パターンを理解した可能性があります(推測)。新問が出ると一時的に平均が下がります。が、倫理は知識問題が主体なので、対応できればそれまでです。

先に倫理をやって『倫・政』まで伸ばす手もあります。理由は次の『倫・政』で述べます。

ところで、なんということでしょう。『倫・政』ではなく、倫理政経の2科目受験している人が平成30年は178人います。彼らはネタの何たるかが分かっている!

倫理・政治経済

4単位の新たに設けられた科目です。ところが、設問は単独の倫理、及び政治経済と同じです。その特徴を2018年実施の試験を例に言います。

単独の倫理は大問が4題あります。一方、『倫・政』は大問が6題あり、前半3つが倫理分野です。

そして、倫理の大問110問中5問大問39問中7問大問48問中6問が選ばれて出題されているのです。政治経済分野も同様です。

ここで『倫・政』の平均点の推移をもう一度見て下さい。何かに気がつきませんか。

『倫・政』の平均点推移って、政経じゃなく倫理のグラフと形が似ていますよね。私は実際の問題の難易度は評価できませんので理屈上の話をします。特徴は2つ

  1. 倫理の推移と似ている
  2. 倫理、及び政経よりも平均点が高い

これらから分かることは、政経分野は「1.差がついていない」かつ「2.あまり難しくないということです。つまり、現代社会と同じく、政経の難しい部分は出されていないということです。逆に、倫理分野はしっかり相関していますので同レベルの問題が選ばれているということになります。

よって私なら、先に倫理を単独で受験できるレベルまでやった後に政経をある程度までやる、という戦略を取ります。政経はやり始めると深くてキリがない分野です。自分でやってみて「私では政経で9割以上取るのは難しい」という感触があります。そうです、あのぴよ太郎氏でさえ…(以下略)

実際に今、私が社会科の選択をするならこの科目で行きます。倫理が面白いと思えるようになったこともありますが、実利的な理由も3つあります。

  1. 医学部を受験できる
  2. 広くて浅い科目の方が簡単
  3. 勉強範囲は2科目で地理と同じくらい(たぶん)

(1)やはり現社だけやって、つぶしが効かなくなるのは怖いからです。

(2)出題者の調整能力次第ではありますが、単独科目より平均点を高く設定してくるはずです。割に合わないと誰もやらないですから。過去に2単位公民を4単位地歴と同等に扱ってしまったのは大学入試センターの戦略ミスです。よって、4単位科目をやるよう促してくると私は考えます。

(3)私は倫理をやっていないので推定です。政経分野をどこまでやるかは難しい。そこの判断は参考書に譲ります。

オチ

通常、センターのような標準的な難易度の試験で偏差値80なんて数値は出ません。90~100点で偏差値70くらいになります。(平均+2×標準偏差が偏差値70です)

私が受けた時、めちゃくちゃ難しかったのです。大問の一つが見たことのない新問でした。試験委員のアルパカやろー!はじめ現社だけ受けて退出する予定だったのですが、どう考えても確実にできているのは80点と少し。あのぴ…(以下略)

急きょ地理も受験しましたが、この1年勉強して来なかったため77点と撃沈

後で結果を見ると、現社は平均50標準偏差13でした。(偏差値30~70の間に95.5%の人が入るわけなので)つまり、24~76点の範囲に95.5%の人が入っていたのです。しかも倫理との差が19.35でギリギリ得点調節なし…

私はたまたま勘が当たっていて92点でしたが、マジで実力じゃないから。一発目のテストで大失敗したと思って精神状態はヤバかったです。さらにこの後、KOKUGOの悲劇がぴよ太郎氏を待ち受けているのであった…

魔理沙
めでたし、めでたし

次回は、参考書、問題集の話をします。またね。